国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

木須肉(ムースーロウ)きくらげと豚肉の卵炒め

あさイチで紹介されたきくらげレシピ|木須肉(ムースーロウ)

木須肉(ムスロウ、ムーシューロウ)はきくらげと豚肉の卵炒め。中華料理では代表的な一品です。元の字は「木樨肉」と書いたそうです。「木樨」はキンモクセイなどモクセイ科の植物のこと。料理を見た昔の人が、黄色のふんわり卵をキンモクセイの花に見立てて名付けたといわれています。

木須肉(ムースーロウ)のレシピ

材料(3人分)

生きくらげ 50g
3個
水溶きかたくり粉 小さじ1
豚もも肉(薄切り) 50g
ゆでたけのこ(水煮で代用可) 50g
長ねぎ 30g
ほうれんそう 30g
しょうが 5g
★(合わせ調味料)
小さじ1
砂糖 小さじ2
鶏がらスープ 70ミリリットル
小さじ1/2
しょうゆ 大さじ2と2/3
こしょう 少々

作り方

  1. 生きくらげ50gを軽く水洗いします。なお、乾燥きくらげを使う場合は5gの乾燥きくらげを40~50℃くらいのぬるま湯に30分程度浸して戻しておいてください。水で戻す場合は約6時間ほどたっぷりの水に浸して戻してください。
  2. 豚肉、たけのこ、ほうれん草は食べやすい大きさに切ります。長ねぎ・しょうがはみじん切りにします。
  3. 割りほぐした卵に、水溶きかたくり粉を小さじ1加えます。
  4. フライパンに油をひき、工程2.の卵を流し入れ、ゆっくり円を描くよう空気を入れながらふわっと炒めます。
  5. 少量の油で長ネギとしょうがを軽く炒めたあと、豚肉を加えてさらに炒めます。
  6. 火が通ったら、たけのこ・ほうれんそう・湯通ししたきくらげを一緒に炒めます。
  7. 工程6.の中に工程4.の卵を戻し、合わせ調味料を絡めたらできあがりです♪

※本レシピは、2019年6月11日NHK放送のあさイチ“知っているようで意外と知らない”きくらげ大特集で紹介されたレシピです。

商品情報はこちら