国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

【主治医が見つかる診療所】ビタミンDたっぷり摂取!きくらげと卵のみそ汁

きくらげと玉子のみそ汁
骨粗しょう症や骨折の予防・アレルギー疾患の改善・がん予防・脳の働きにも重要な最強栄養価ビタミンD。
このビタミンDをたっぷり摂取できるきくらげと、さらにビタミンDの多い卵を合わせた最強レシピ。
簡単で毎日食べられるおみそ汁です。

ビタミンDたっぷり摂取!きくらげと卵のみそ汁のレシピ

材料(2人分)

生きくらげ 50g
ねぎ 10cmくらい
1個
だし汁(または顆粒だしの素小さじ1/3程度を溶かしたお湯) 400cc
みそ 大さじ3

作り方

  1. 生きくらげ50gを軽く水洗いします。なお、乾燥きくらげを使う場合は5gの乾燥きくらげを40~50℃くらいのぬるま湯に30分程度浸して戻しておいてください。水で戻す場合は約6時間ほどたっぷりの水に浸して戻してください。
  2. きくらげを千切りに刻みます。ねぎを小口切りにします。
  3. だし汁と、工程2.のきくらげとねぎをひとつの鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。
  4. 火を弱火にし、味噌を溶きいれたあと、溶いた卵を回し入れてふんわり固まったら完成です。

きくらげと玉子のみそ汁

※本レシピは、2020年3月12日のテレビ東京系主治医が見つかる診療所で放映された“免疫アップにがん予防栄養素&「新国民病」”で紹介されたレシピです。

商品情報はこちら