国産きくらげの生産・通信販売の緑工房|菌床から純国産で栽培

純国産きくらげ通販 緑工房 鳥取県で菌床から栽培

全国に3%しかない純国産のきくらげ 食の安全にこだわるリンガーハットに選ばれているきくらげです

緑工房の緑日報

【きくらげ栽培初心者へ】プロが教えるきくらげ栽培成功のコツ

プロが教える!きくらげ栽培成功のコツまとめのサムネ きくらげの菌床を持った緑工房代表河村雄太

純国産きくらげ 緑工房の代表・河村雄太です。

このブログでは、これから仕事またはプライベートできくらげ栽培を始めたいと思っている方へ、きくらげ栽培歴5年以上のプロが「きくらげ栽培成功のコツ」をお伝えします。

きくらげ栽培は一般的に難しいと言われています。
しかし、栽培する場所と成功のポイントを抑えておくことで、誰でもきくらげを育てることができます!
お仕事として始めたいと考えている方は、このブログを見て、まずは試験的にご自宅で育ててみてはいかがでしょうか?

それでは、一緒にきくらげ栽培にチャレンジしてまいりましょう!

きくらげの栽培方法

きくらげの栽培方法は大きく2種類。原木栽培と菌床栽培があります。それぞれの栽培の特徴と、メリット・デメリットをお伝えします。

きくらげの原木栽培と菌床栽培

原木栽培

原木栽培は、原木に穴をあけてそこに菌を植え付けて栽培する方法。

育てる場所 野外、自然の中
収穫までの期間 約1年
収穫できる時期 春・秋
メリット ・天然物に近い環境で栽培している。
・「原木から作って収穫したきくらげ」というブランド価値がある。
デメリット ・天候や害虫に左右されやすく、収穫量や品質が安定しない。
・原木が重いため重労働になる。

菌床栽培

菌床栽培は、おがくずや米ぬか、ふすま(麦のぬか)などの栄養分に水を加えて、ブロック状に整形したもの(=菌床)に菌を植え付けて栽培する方法。

育てる場所 ハウスなどの室内(温度・湿度の管理ができる場所)
収穫までの期間 約3ヶ月
収穫できる時期 年間
メリット ・1年を通じて安定した収穫量が確保できる。
・施設内を衛生管理を徹底することで高い安全性が得られる。
・菌床が軽いため体に負担がかかりづらい。
デメリット ・施設や設備にコストがかかる。
・原木栽培よりも味・香りが劣る(一般的に言われている)

河村のおすすめは「菌床栽培」。緑工房でも菌床で栽培をしています。
このブログでは、菌床栽培にフォーカスしてお話しします。

きくらげの栽培成功(必ず押さえておくべき)ポイント

・温度と湿度環境の確保

きくらげ栽培で一番重要なのは、きくらげが育ちやすい温度と湿度の確保です。
温度は20℃〜25℃湿度は70%〜85%がきくらげが育ちやすい環境になります。

きくらげ栽培に適した温度(20℃~25℃)と湿度(70%~85%)

栽培場所を決める時・栽培中に十分な温度・湿度なのか?を確認するには、温湿度計がおすすめです。温湿度計を菌床の近くに置いて栽培をしてください。

・栽培場所の決め方

1、上記の温度と湿度が守れる
2、きくらげが苦手な直射日光を避けた湿気の多い場所
プライベート、または仕事として栽培を始める前に試験的にご自宅で栽培をするという方は、以下のおすすめ栽培場所と、緑工房オリジナルの栽培手順を参考にしてみてください。
・おすすめの栽培場所
室内の場合 お風呂、リビング、キッチン、玄関
外の場合 ベランダ、木陰、軒下、畑
きくらげを栽培するおすすめの場所の紹介 リビング キッチン ベランダ 畑

レッツきくらげライフ!

ご紹介したきくらげ栽培成功のコツをしっかりと抑え、ぜひきくらげ栽培に挑戦してみてくださいね。

きくらげ栽培のための菌床 ご購入はこちら

緑工房では、おうちできくらげが栽培できる「きくらげ栽培キット」を販売しております。
きくらげの小さな赤ちゃん芽がついた状態でお届けする「初心者向け栽培キット」と、きくらげが生えてくる切れ目を入れてくるところからスタートする「エキスパート向け栽培キット」の2種類がありますが、はじめてきくらげを栽培する方は、まずは「初心者向け栽培キット」からスタートしてくださいね。

ご購入・詳細はこちら

きくらげ栽培についての疑問などありましたら、メールやお電話、LINEにてお気軽にお問い合わせください。LINEでは専門スタッフが質問にお答えします!

電話:050-3205-0801
mail:shop@midorikoubou.jp
▷LINEの追加はこちら

記事のフォロー・いいね!をお願いします!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ありがとうございます。励みになります!
スタッフの声
この記事をシェアする
河村 雄太をフォローする
きくらげブログ 緑工房通信

商品情報はこちら